【必見】人見知りでもこれならできる!ご近所付き合いは挨拶だけでOK!

ご近所

人見知りにとって、社会で気が滅入る瞬間はたくさんあります。

その中でも、家の近くで気が滅入る瞬間と言えば「近所の人を見かけた時」ではないでしょうか。

・話しかけた方がいいかな?
・今話しかけたら、嫌な気持ちにさせるかな?
・気付かない振りした方がいいかな?
・変な噂されたら嫌だな…
・挨拶しなかったら嫌われるかな?
・挨拶しても変な風に思われるかな?
・隠れてやり過ごしたい…
・よし…逃げよ…

はい。これ、少し前までの私です。ご近所付き合いなんてしたくない…!家族以外と顔を合わせる事すら無理!と、家の近くを歩く時は常に下を向いて早足で歩いていました。

が!子供が一緒だと、それは無理…。歩き始めた子供は、歩くの大好き!冒険大好き!これは何?あれは何?と寄り道のオンパレード。でも「そんなんどうでもいいから早く逃げよう!ご近所の人にエンカウントしちゃうよ!」なんて口が避けても言えません…。ハラハラしながら子供と一緒にお散歩していると…案の定お隣さんとバッタリ…!

「あら、こんにちは^^お散歩?良いわね~!歩くの上手になったわねぇ」

あの頃は、苦笑いで挨拶するだけで精いっぱいでしたし、その所為でお散歩も苦手でした。長男の時は週に1回お散歩に出かければ良い方…。買い物以外はほとんど家から出ませんでした。

それが今では、ちゃーんとお隣さんと井戸端会議が出来るまでになりました!

まだまだ井戸端会議初心者の私ですが、周りの人と話すようになったおかげで、ご近所さんがどういった人を”変な人”に思うのか。どういった人を”良い人”だと思うのかが、だんだん分かるようになってきました。

そこで、人見知りさんが一番気になる”ご近所さんから変な目で見られない、最低限のご近所付き合いの方法(人見知りでも出来る方法)”を教えます。

人見知りでもこれならできる!ご近所付き合いは挨拶だけでOK!

大切なのは笑顔と挨拶

だらだら書くのは苦手なので、まず最初に結論から言います。

必要最低限のご近所付き合いは、

笑顔で挨拶

これだけです。

これさえ出来てれば、基本的に変な噂を立てられる事もありませんし、変人扱いされることもありません。

挨拶というのは、それだけで十分な付き合いになるのです。

井戸端会議には参加しなくてもOK

すでに仲の良さそうなご近所さん同士が、おしゃべりしている所に話しかける場合も、実はそれほど難しい事ではありません。

井戸端会議中の奥様方を見かけるとついつい「邪魔しちゃ悪いかな?」「私の悪口を言ってたらどうしよう」「話しかけたら変に思われるかな?」などのネガティブな要素が頭を過ぎりますが、そういったネガティブな感情は一旦全部頭の中の箱に収納しておいてください。

そして、奥様達に声が届く所まで来たら

なーんにも考えずに笑顔で挨拶

するだけでOK。

井戸端会議に参加する必要も、避ける必要もありません。必要なら話せば良いし、必要無ければスルーでOKなんです。

奥様達は、あなたに笑顔で挨拶を返したら、あなたの事は気にせずすぐにまた元の話題に戻って行くでしょう。(少し寂しいですが、そんなものです)

挨拶には多くの情報が組み込まれている!

とてもシンプルな事ですが、挨拶というのは本当に大切です。

あなたは人の何を見て”良い人”か”悪い人”かを判断しますか?

おそらく、まずは見た目からどんな人なのだろう?と想像するのではないでしょうか。その次に表情や声のトーンや話し方や反応を見て、その人がどういう人なのかを知るのではないでしょうか。

つまり、たった一言でも話すか話さないかで、相手に与える情報が格段に違うと言う事です。

例え見た目が普通の人でも、挨拶をしない人からは何の情報も得られないので恐怖でしかありません。しかし、見た目は奇抜でもしっかり挨拶をする人なら、表情や声で何となくその人がどんな人なのか想像出来る為、安心出来ます。

だからこそ笑顔で挨拶をするのです。

声にコンプレックスを持っていようが、方言が気になろうが、自分の顔や表情にコンプレックスがあろうが、挨拶だけは元気よく笑顔で行ってください!

あなたは気になるかもしれませんが、他人はあなたが思うほどあなたのコンプレックスを気にしてはいません

話しかけられたら答えるだけでOK

もし挨拶をして、奥様方に話しかけられたら?

その質問に答えるだけでOKです!

人見知りで人と話すのに慣れてなかったら、質問されるだけでもとても緊張してしまうとは思いますが、そのまま話せば大丈夫!

相手は、色んな人と話した事がある経験豊富な奥様方です。変にカッコつけて、慣れてます風を装っても意味はありません。バレバレです。

そんなことをするよりも、人は緊張すると早口になりがちです。なるべくゆっくり話すように心がければ、あなたの誠意もしっかり伝わるでしょう!

切り上げる時は「失礼します」

話しかけられて、質問に答えたそのあとは話が広がらなくても問題ありません。

お互い会話が止まってしまっても大丈夫。

自分でも何も話す事が無い&相手も何も話す事が無さそうだったら

「じゃあ、失礼しますねー^^」/「では、またー^^」

などと言ってその場を去ればOK。

相手から言ってくれる場合は「はい、失礼しますねー」って答えて離れればOKです。

慣れてきたら「天気の話・ウイルスの話・近所の話」

もし話すのに慣れてきたら定番の話題を振ってみてはいかがでしょう。

「天気の話(最近寒いですねー等)」
「流行のウイルスの話(インフルエンザ流行ってますねー等)」
「近所の話(どこどこに新しく出来たカフェ、とっても良かったですよ等)」

ここら辺は当たり障りのない定番の話題なので、誰とでも出来る話です。

趣味の話や子供の話などは、興味の無いひとにはつまらない話になってしまうのでやめておいた方が無難です。

まとめ

ご近所付き合いの第一歩は、挨拶から。

挨拶しか出来なくてもOK。挨拶には様々な情報が入っている。

なるべく笑顔で、元気よく、挨拶することで、好感度は上がる。

好感度が上がれば、周りからの視線も柔らかくなる為、より一層話しやすくなる。

話す必要がない時は、挨拶だけして立ち去ってOK。

最初は怖いかもしれませんが、やってみると意外と簡単ですよ!

まずは元気に「おはようございます!」と言ってみましょう

コメント